コンセプト

店内イメージ

ファイナンシャル・プランナー(FP)は、あなたの夢を実現し不安を軽減するための資金計画や家計の見直しをお手伝いする「家計のホームドクター®」です。

FPは、保険の仕組み、公的年金制度、税制、金融資産や不動産の運用等の幅広い知識を基に、主としてあなたのライフプランに応じた資金計画や家計の見直しについてご提案いたします。

ウィングFP相談室は、独立系FPとして、常にお客様の視点に立ってご提案いたします。
したがって、特定の保険商品などをお勧めすることはいたしませんのでご安心ください。
また、ご希望に応じて、ご提案内容については、その結果を含めてフォローさせていただきます。

ウィングFP相談室は、あなたの街のあなたのための相談室です。
あなたの夢を実現し、不安を軽減するために、この機会にあなたの家計を見直しませんか。
また、保険の見直しや住宅ローンの借り換えなど、身近なご相談もお気軽にお問い合わせください。

ご相談は、初回面談から始めさせていただきます。この面談は、ご相談の内容を把握し、分析に必要な資料をご提供いただくための大変重要な面談です。
この時点で、お客様の問題が解決できない場合にのみ先に進めさせていただきます。この際、ご相談内容に応じた料金をご提示しますのでご安心ください。

ご相談内容に応じて家計などの分析を行った後に、ご提案書を作成しご説明いたします。この際、お客様にご満足いただけるまで資料の修正加筆をいたします。
万が一ご提案書にご満足いただけない場合は、ご相談料は頂きません。


 

独立系FPは、何が違うのですか?
FPは、大きく分けて企業系FPと独立系FPに分かれます。
企業系FPは、特定の証券会社や保険会社の金融機関などに所属して、主として所属する企業が扱う商品に関するアドバイスを得意としています。したがって、セミナーやご相談は、無料で対応してくれます。
一方、独立系FPは、特定の金融機関などに所属しないため、中立な立場でお客様のライフプランに沿ったアドバイスをすることができます。しかしながら、一般的にセミナーやご相談は有料となります。
特に、ウィングFP相談室は、独立系FPの中でも金融機関との代理店契約などは一切いたしておりません。したがいまして、常に唯一お客様の視点でご提案させて頂きます。
FPに相談するほど資産がありませんが・・・・
預貯金が十分にないからこそ、将来の教育や住宅資金の準備を早めに始めることが重要になります。
家計が厳しいからこそ、保険の見直しや住宅ローンの組み換えなどの工夫が必要になるのではないでしょうか。
また、裁判所が扱った遺産分割調停事案の相続額は、1,000万円以下が全体の29%、5,000万円以下を加えると実に73%になります。相続額が少ないほど遺産相続争いが起きる可能性が高いのです。
相談料はどの位ですか?
すべてのご相談は、初回面談から始めさせていただきます。初回面談(1時間基準)の料金は、5,400円になります。この時点で、お客様のご相談が解決すれば先に進むことはありません。
先に進む場合、初回面談時にご相談内容に応じた料金をご提示いたしますので、ご納得いいただいたうえでお申し込みください。
なお、最終的にご提案書にご満足いただけない場合は、ご相談料はいただきません。